毎日、ぼちぼち

気をはらず、のんびりぼちぼちと何かを更新しています

木材の目隠しフェンス

最近DIYに少々ハマっています。
ということで、知り合いに木で目隠しフェンスを作ってくれと頼まれて、ちょっと作ってみることにしました。
結構大変でしたが楽しかったです。

寸法

今回は高さ2.4m、幅1.8mほど。
これは後ほど出てくるが、木材2x4と1x4を切らずに使用した寸法です。

材料

2x4の8フィート 3本
1x4の6フィート 17本
ステイン塗料 適量(2Lぐらいしようしました。)
コンクリートアンカーボルト 8本
幅広金折 6個
5cmx15cm金折 2個
 

最初は塗料で塗る

とりあえず、最初に買ってきた木材を塗料で塗ります。
これは好きなので好きなように塗ればいいですが、見た目も落ち着いた感じが良いということでステイン塗料で適当に塗り塗り。

それなりに塗ってもそれなりになるのであまり神経質にならない程度に塗ればいいです。
2度塗りするとより良いかもしれないです。

コンクリートアンカーボルトを打ち付ける

今回は下がコンクリートのところに作成するのでドリルで穴を開けていきます。
普通のドリルでは穴があかないので今回は振動ドリルというので開けていきます。
使ったのはこちら。新興製作所のSVV-130

SHINKO(新興製作所) 変速振動ドリル SVV-130

SHINKO(新興製作所) 変速振動ドリル SVV-130

ドリルの歯はついていないので、歯は別途購入。
ドリルの歯はこちら。ドリル自体は安いものですが数箇所の穴を開けるには十分な働きをしてくれました。
コンクリートも案外簡単に穴が空くもんですね。
ただし鉄筋コンクリート等にはハンマードリルという、もう一つ上のドリルでないと削れないので注意してください。
開けたあとに、塗装した2x4の8フィートの柱を立てます。
f:id:gon012:20180502161128j:plain
f:id:gon012:20180502161125j:plain
このような感じで3本とも固定します。
使用したコンクリートアンカーボルトは直径8mm長さ50mmのものを使用しました。
ホームセンターに売っていたものです。
左右2箇所、手前に1箇所止めると結構がっちり固定されます。

途中に支えを作成する。

高さ2mにもなると流石に下だけ支えている状態ではかなりぐらつきます。
なので、途中に支えを一つ入れて上げるようにしました。
こんな感じ。
f:id:gon012:20180502160323j:plain
柱に対して直角に板を付けて、そこから金折をしたに伸ばして固定しました。
これをすることで、ガッチリと固定することができました。
なお、これは手前に高さ50cmぐらいの段差があったため、作成することができました。
段差がない場合は、斜めに板でも立てかけるようにつけてあげたらいいかなと思います。

あとは横板をつけてあげるだけ

残りは1x4の横板を5mm間隔ぐらいでバリバリつけていきます。
長さ50mmぐらいのビスを止めるのですが、電動ドライバーがなかったので上記の振動ドリルでつけていきました。
重いのでちょっとつけづらいですが慣れればサクサクつけれます。
完成したものがこんな感じ。
f:id:gon012:20180502162909j:plainf:id:gon012:20180502162647j:plain
下3箇所、途中に2箇所、地面に固定したことでしっかりと固定できています。
今後台風とかで倒れないかと少し心配していますが、多分大丈夫でしょう。
隙間も開けてあるので。
ただし、2x4は屋外には適していない柔い木材なので持って数年ぐらいかなとは思います。
予算が許せばもっと良い木材を使用したほうがいいかもしれません。

材料費

諸々すべて作って
1万5千円ぐらいに収まりました。ほぼ、木材と金折代です。
人件費を抜いて考えたらそれなりに安く収まったのではないでしょうか。
なお、かかった正味の時間は5時間ほどで、準備とか合わせれば2日あったほうがいいかなーと言う感じです。
技術的には簡単な方だと思いますし、私自身も普段するDIYはディアウォール使って云々程度だったのでやろうと思えば誰にでもできるのではないかと思います。要は、思い立ったが吉日ですね。
以上、誰かの参考になればと思います。

今週のお題ゴールデンウィーク2018」

com surrogateはウィルスじゃない

危険マーク
PCを使っているとcom surrogateがCPU率が50%くらいまで上がっており、何かなーと調べてみました。

com surrogateはウィルス!?

com surrogateと検索すると真っ先にウィルスなので危険です。ツールをダウンロードして削除してくださいのようなページが複数件引っかかります。
ただ、よくよく見ると文書も微妙に変だったり、ツール自体もインストールしたら広告が多数出てくるとか怪しいもの。
まずは落ち着いてcom surrogateの保存されている場所を見ましょう。タスクマネージャーを右クリックしてプロパティを見ればわかります。
%systemroot%\System32\dllhost.exe(例:C:\Windows\System32)などにあればウィルスではない可能性は高いです。

それ以外にあった場合は?

ウィルスの可能性があるのでwindowsDefenderなどのメーカーがしっかりわかっているところで確認するるようにしましょう。
間違ってもどこぞのわからないソフトを使うのは危険です。
それ自体がウィルスの可能性が高いと言えるからです。

com surrogateとは何者か?

com surrogateはwindowsのdllhost.exeを実行すると現れるサービスのようです。
なので、OSを実行する上で必要なファイル程度に思っておいていいと思いますので
動かしている上で止まったりしなければ過度な心配はせずにそのままにしておくといいと思います。

ドラマ「シグナル」の時効って実は無いじゃんって話

www.ktv.jp
シグナル、面白かったですねー。
原作を全く見ていませんでしたが、テンポよく話が進んでいくのがとても良くて見入ってしまいました。
また、ちょっとホラーっぽい仕上がりもあり、緊迫感を更に増している感じで今後楽しみです。
で、ちょっと野暮ですが見てて気になったのが、今回のキーワードにもなっている時効のことです。

時効はすでに成立していた?

あらすじとしては97年に発生した誘拐殺人事件が時効間近の2012年になって過去からのシグナル(無線連絡)で糸口が見つかり、ドラマの最後の方で犯人と思われる女性。長谷川京子演じる吉本圭子が捕まります。
なんと、捕まったのが時効成立1時間前!
ぎっりぎっりやん!でもやった!と思っていましたが、そこから自白の予告が始まります。
まだ、時効のカウントダウンは止まっていないんですね。
じゃあ、いつが時効なのか?調べてみました!
よく時効と言われているのは、Wikiペディアに詳しく乗っていました。
時効 - Wikipedia
そのなかで時効とはこのように定義されています。

公訴時効とは一定期間公訴が提起されなかった場合に公訴権が消滅すること

そう!公訴!つまり、訴訟していないと事項になってしまうのです。ということは、吉本がこの時点で私が誘拐して殺しちゃいました。てへ!
なんてふざけていったところで、公訴準備ができていなければ時効が成立してしまうのです。
ちなみに訴訟を起こすのに必要な手続きにかかる時間はどれくらいかというと3日。。。
あかんやん!ということで、坂口健太郎演じる三枝健人が真犯人がいます!とテレビカメラに向かって必死に行っている時点でもう時すでに遅しでした。
調べてみると現実は案外厳しいのです。

シグナル DVD-BOX1<シンプルBOXシリーズ>

シグナル DVD-BOX1<シンプルBOXシリーズ>

現代の日本に時効は無し

件の話の舞台は2012年。
で、実は日本では2010年に人を死亡させた罪であつて死刑に当たる罪については時効は撤廃されておりますので
この話の舞台が現実の現代日本ならこんなに焦らずに悠々自適に取調べしてねっちりみっちり詰めて自白させることになるでしょう。
なんのドラマ性もないですね。いや、15年ぶりに捕まること自体はドラマ性はありますか。
さて、ちょっと詳しい方はここで事件発生時が97年に発生しているので2012年の法律適用できないやん。遡及処罰の禁止の憲法に引っかかるやん!と思っている方はいると思います。自分もそれ思いました。ところがどっこい、最高裁が認めちゃってるんです。
しかもシグナルと同様の1997年の事件での判決。
最高裁「殺人の時効撤廃、さかのぼって適用できる」なぜ「合憲」と判断したのか? - 弁護士ドットコム
理由は逃げ得は許さないよ的なもんですが、いいのかなと思いつつ完全に明確ならいいのでしょうという感じなのでしょうか。
ということで、ドラマを現実に当てはめると捕まえたが最後時効もなく、ただただ起訴されるよという話でした。
やっぱり、ドラマは現実に当てはめずにフィクションの世界と割り切って見るのが楽しいですね。
とはいいつつ、次週が楽しみです。

若者の失踪は他人事ではない

www6.nhk.or.jp

NHKスペシャル「#失踪若者行方不明3万人」

自分には衝撃だったNHKスペシャルで放送されたドキュメンタリー番組。「#失踪若者行方不明3万人」。
番組は録画して後でじっくり見ようと思い途中までしか見ておりませんが最初の10数分でもかなり来るものがありました。

若者の失踪者は現在3万人。

番組の名前にもなっている若者失踪者ですが
現在10代、20代の失踪者数(警察に届け出されて受理された数)は3万人を超え
全体の39%を占めています。また、10代だけでも20%を占めており失踪者数のを占めており、全年齢で一番多い。
なお、この番組を取材する契機となったのは座間の遺体遺棄事件だったのこと。被害者は居場所がなく
容疑者に一時の居場所を求めて9人も殺害されたことに衝撃を受けたそうです。
特に番組内でスポットが当てられているのが家出少女。彼女らはSNSを使い、家出先を探すというもの。
これを読んでいる方はもう想像着くと思いますが、彼女らがSNSで家がないとつぶやくと男性からすぐに誘いのメッセージが来る。そして、性的関係を迫られる。
現在の家出とSNSがマッチングして、あっさりと売買春が成立してしまうそんな虚しさが放送されていました。

5分で成立してしまう状況

もう、失踪者3万人から驚いていましたが更に驚いたのが放送されている少女が泊まる家がほしいと言って5分後には数人からメッセージが入ってくる状況に驚いた。
こんなにすぐに来るって事はこのようなことに慣れている男性が相当数いて彼女らを食い物にしているということであるし、Twitterでも泊まる場所を求めているつぶやきがづらづらと出てくる。ネットで家出少女と打ち込むと、真っ先にやったなんてページが出てくるなんて巷ではありふれた話になっているなんてなんとも虚しい気持ちになる。
こんな状況は絶対に間違っているし、国としても対策をとってほしいと切に願う。
SNSで発信しているということは誰でもアクセスしやすいということであるし、こちらからアクセスし一時の居場所を提供し、家族を含めてカウンセリングの糸口とすべきと思う。見知らぬ男に寄って彼女らが傷つく必要など一片もありはしないのだから。

家では未成年だからこそ

なお、この番組を見てふと思ったのが昔の家ではどうだったのか。警察に前年度の行方不明者状況がPDFで公開されていた。
https://www.npa.go.jp/safetylife/seianki/fumei/H28yukuehumeisya.pdf
この中に紹介されていたデータの中に少年(これは男女を含めた10代以下のことを指す)の失踪数が公表されており、それをグラフにしてみた。
f:id:gon012:20180407232918p:plain
これを見ると昔から若者の失踪率は高く、最近は減少傾向のように見える。更に時を遡ると50%なんてあり、まだマシになったということのよう。
思えば、昔からある程度上の人は昔家出をしてーなんて自慢話にもならないような話を酒の席で聞かされることがある。思春期の不安定な精神や、独立心の芽生えなのでどうしても失踪しやすい状況なのだろう。ということは、自分の子供も家出をする可能性が充分あるということであるし、前もって家出するのはいいがせめて友人家知人の家に家出して決して誰も知らない人のところに行くな。それがどんなに危険で傷つくことかを常日頃から伝えておくのも必要なことなのかもしれない。
昭和の警察白書には家出少女を捕まえてシャブ漬にしたなんていう、おぞましい話などを交えて。
自分の子は違うとは絶対に思ってはならないのだなと改めて思わされる。

なんだか悲しい週末

今日は週末です。
サラリーマンにとっては明日明後日と休み。
2連休の幕開けの第一歩となる毎週些細な幸せを感じれる明日を心配しないで済む神聖なる夜である。
なので、夜な夜なでかけては飲みに飲まれて飲み尽くしながら愚痴を吐いていらん物もたまに吐いて、自分の体を痛めつつもこれぞ生きていると感じる夜である。
はずなのだが、いつからかそれができなくなった。
美味しい食べ物を食べたいがそんなに量が食べられず、お酒を飲んでも少し飲んだら眠くなり帰りが億劫で仕方がない。
愚痴を言っても散々言ってきたので昔言った覚えがあることを堂々巡りで一緒に飲むメンツも皆飽きてくる。そのメンツからも同じことしか出てこない。まったくもって進歩をやめた人間ほど見にくいものはないなと人を見るがそれが自分とかぶるから虚しくなる。
そうするとどうなるかというと、必然的に家に帰って缶ビール一本とあっさり目のご飯を少し食べ無言でテレビを見る。
これの何が楽しいのか!いや、楽しくない!まったくもって楽しくない。ただ。ただだ。落ち着くのだ。と自分に言い聞かせながら何か楽しいことないかなーとなんだか悲しくなった週末である。
明日は朝から散歩でも行くか。と思うと、じじいになった気分になる。

若者なんて増えるわけない

mainichi.jp
こんな記事がホッテントリに入ってましたね。
自分はもう若者のから外れてるか外れかかってるか微妙なところですが
最近、田舎のイメージがあまり良くないんですよ。
なんていうんでしょうね、この記事でも言われてるやりがい搾取が横行している気がして。
lessor.hatenablog.com
田舎に行くと大体は若者が少なくてすぐに、あれやれこれやれと頼まれるし
かと言ってそれに対して報酬が出るわけでもない。
というか、その意識がものすごく希薄だと思うんですよ。
特に、ものとして形に残らないものに対しては本当にお金のイメージが無いのか
ありがとねーで終わっちゃう。いや、言われるだけマシかも知れないですが当たり前のように頼み事されて
しかも、そんな頼まれごとが数件から来るとか思うともう、若者なんて誰もすまないんじゃないかなと。
助け合いって言うけど、基本若者が助けるばかりになってるような気がする。
そりゃ、嫌になるよなー。上の人達はそこらへんどう考えているんだろ。
こういう記事見ていると結局は何でもいう事聞いてくれる若者が来て自分たちの手足になってくれるのを望んでるだけなのかなと思ってしまう。
いっその事、廃村にしてスマートシティ化したほうがいいんじゃないかと最近良く思ってしまいます。
日本の法律では厳しいとは思いますが。

PCと布団

自分の一人暮らしはPCと布団から始まった。

どうしても家から出たかった

色々あり母親と二人で数年年暮らしていた。
その時はフリーターだったが、ある時、お金の必要から社会人になり、
ハローワークの門を叩いてなんとか就職を決めた。
その際にずっと一緒に住んでいるのが嫌だった母親から離れたくて
一人でこっそり家を探し、1週間ほどで家を決めて実家を出た。
その時に持っていったのがPCと布団だけだった。

優しい母

母は優しかったと思う。
ただ、金使いがあらく、家事が苦手で家が荒れ放題だった。
なので、一緒に住んでいる間はお金を働いて入れて、足りない分は借金しながら家に入れた。
炊事もしたし、掃除もした。洗濯だけは何故かさせてくれなかったが。
ただ、それ以外は優しかった。
一緒に酒を飲み文句を言い合っては、あーでもないこーでもないとか。
それなりに楽しかった。ダメな友人と一緒に住んでいるような感覚で。
それでも、その怠慢ぶりとお金の使い方にイライラし最後の方は毎日怒っていた。
ある日、母が自分を怯えた態度で接してきたのがとてもつらかった。
自分が父と接してたときと同じだったから。

なにもない部屋だからこそ

そんな家が嫌で飛び出すように出た。
実家の近場なので何かあれば帰ってあげられるし、特に心配はしていなかった。
今でも覚えている。
今日から一人暮らしをすると伝えると猛反対する母。
それを振り切って、PCと布団を持って家を出たこと。
鍵を開けてなにもない部屋に一人入ったこと。
真っ暗でカーテンもなにもないガランとした部屋。
PCを点けて、明かり代わりにし布団にくるまって寝たこと。
それがとても静かでやっと落ち着けたと思えて泣きそうになったこと。
今では考えられないくらい何もなかったけど、全てはそこから始まった。
あのときはきっと一人になる必要があったんだと思うし、自分の精神が渇望していたんだと思う。
だから、何もない部屋があんなにも居心地が良かったんだと思う。

やってみること

もし、一人暮らしに躊躇する人がいれば、ぜひやってみてくださいと言いたい。
自分が一人が好きなのか嫌いなのかとか、親との接し方とか全然変わってきます。
友人も変わるし、自分への責任の持ち方も変わる。
もちろん今では親とは仲がいいです。距離を置けたからでしょうね。
これが私の一人暮らしを始めた頃の思い出です。

#私の一人暮らし

はてなブログでCHINTAI特別お題キャンペーン「私の一人暮らし」
Sponsored by CHINTAI