読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日、ぼちぼち

気をはらず、のんびりぼちぼちと何かを更新しています

爺さんがぼけた

最近、爺さんがぼけたようだ。
ちゃんとした言葉で言い換えれば、痴呆症だろう。


もともと、パーキンソン病というものを患っており
数年前から自力での歩行が困難になっていた。
昔は活発だったのだが、その頃から家にじっとしている事が
多くなった。
やはり、家でじっとしている事が災いしたのか
最近、奇妙な行動を起こすようになった。
曜日を間違えて用事を言いつけたり
見えもしない誰かと話していたりと。
この前なんて、電化製品のコンセントを鋏で切っちゃったりして
困ったさんである。


しかし、まだ、家族の顔は認識できるし
物事も割としっかり捉えている。
たぶん、これからなのだろう。
爺さんの脳がじわりじわりと壊れていき
誰が誰だか認識できなくなっていくのだろう。
まさに、真綿で絞めるように。
爺さんの目はこれからいろいろ壊れて
見えてくるのだろうと思う。
いつか見た、痴呆症の画家が描いた絵のように。


それでも、なぜか、自分は悲観していない。
そういう風になるのを知っている。
理解はしていないが知っていないのと
知っているのとでは大いに違うだろうから。
ある程度の覚悟はとうの昔にしていたはずだから。