読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日、ぼちぼち

気をはらず、のんびりぼちぼちと何かを更新しています

年金不正受給と日本のセーフティネット問題の一端

MSN産経ニュース
上記のような問題が取り沙汰されているが自分は特に驚きはしなかったです。
何を今頃驚いているのだろうと。
別に自慢ではなく、「たかじんのそこまで言って委員会」にて辛坊氏が述べていたからに過ぎない。
記憶を辿ってなので一言一句同じではないがこのように言っていたはずです。

この日本において100歳以上の人が数万人というのが気にかかり厚生労働相に問い合わせ
「この数万人をご確認されているのですか?」
と聞いたところ
「いえ、(訪問がついたかもしれません)確認していません。」
「じゃ、全員ご存命なんですか?」
「半分ぐらいじゃないでしょうか」
という回答を得たんです。

これを聞いたとき、衝撃的だったので今でも覚えています。
辛坊氏いわく100歳と80歳の見分けなんてつくわけもなく、80の人が100歳の本人ですと偽られても確認するすべもなく
本人が死亡しても隠し通してしまうとのこと。
しかも、100歳に到達したからと言って職員が確認しに行くこともないようですしね。
なぜ、こんな事をするかというと遺族年金や国民年金を得るためでしょう。
そんなことする人たちの多くは、やはり年金の安さや生活保護への不安感などから
親が死んでお金の工面の付け方がわからずそのように走る人も多いのではないでしょうか。
我が家の祖母も祖父が死んでからというもの年金がかなり減額され四苦八苦しております。
ですので、ニュースではあまり議論されていませんがこれはセーフティネットの問題と
年金の問題で議論しなければならないと思います。