読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日、ぼちぼち

気をはらず、のんびりぼちぼちと何かを更新しています

農作業っていう労働

この前、農作業を手伝いに行ったのだけど、本当に子供でも役立つのだと感心した。
その手伝っていた農家ってのは無農薬の米を作ってる人で雑草が生えまくってるのでそれを抜く手伝い。
ごくごく単純作業でひたすら目についた雑草を抜いていくだけ。でも、それはもちろん重要なこと。
で、実際に手伝って感じたのが子供だろうが大人だろうが草抜くだけなら大した違いのよ。
むしろ、普段走り回って体力ある子供のほうが役立つのな。
昔は学校に行かせない親がいたってよく聞いて、ヒデェなとか思ってたけどさ、実際自分が体験したら、そりゃ手伝わせたいと思うわ。
立派な労働者だもの。
今はそんな仕事はめっぽう減ったって言うのもあるのかな。
子供が手伝える仕事なんて減ったし、学校に行ってもらってたほうが楽でいいから違和感感じないんだろうな。
反面、複雑な仕事が増えてそれについていけない人間の居場所ってのがないのかな〜なんて青空見て思ってた。