読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日、ぼちぼち

気をはらず、のんびりぼちぼちと何かを更新しています

中村孝明ののり弁

中村孝明ののり弁5400円は売れるかっていうのをバラエティ番組でやってました。
のり弁の内容は普通ののり弁の構成と同じでするというもので、
甘鯛の梅包みフライ(梅じゃなかったかも)、鯛と伊勢海老のちくわ天ぷら、たけのこの山椒きんぴら、ネギの醤油焼きだったと思います。
なお、その場で中村さんが作って手渡ししてました。メニューを聞いただけで美味しそうじゃないですか。
たかがのり弁がこんなふうに変わるとはさすがですよね。
結果から言うと4、5時間の間に8個も売れたんですが、景気回復の影響ですかね。
いやいや、それよりも食に対する魅力というか魅惑というものかもしれません。
三大欲求の一つですから、普段からみんな美味しいものを食べたい!食べたことないようなものを食べたい!
食べて感動したい!って思っている人はかなりの数いると思うんですよ。
買っていった人たちはそんな人達だったのかもしれませんね。
特に日本人は食に対しては厳しいと言われつつ、美味しそうと思うと
結構お金を出しているみたいですしね〜とどうでもいいことをごちゃごちゃと思いながら
のり弁ウマそうだなと見てました。