読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日、ぼちぼち

気をはらず、のんびりぼちぼちと何かを更新しています

真田丸、いいね!

来週から真田家の見せ場である、第一次上田合戦に流れていくわけですね。
いやー、ちょっと楽しみに。
今まであまり見ていなかったのですが
今日テレビでザッピングしていたらたまたま目に止まって
ついつい最後まで見てしまいました。


このついつい見てしまう番組ってすごいと感じてしまいます。
一瞬で人の手を止めて、興味を引かせてのめり込ませてしまうんですから。
そう考えると一瞬一瞬が絵になっているってことなんでしょうね。
そして、絵から引き込ませて飽きないように作っているのが更に凄い。
役者さんやカメラワーク、背景、舞台、演出色々混ざって
すべてが違和感なく飽きさせないようにできていると考えると
監督とか演出さん、作家さん皆すごいですよね。
今回は三谷幸喜さんが脚本でしたっけ。
監督は。。。と思って探しましたが大河に監督ってのは内容で
脚本と演出で話し合って決めてるんですかね。
確証はないですが、ネット漁っても一切出てこなかったのでそういうことかと。


で、第一次上田合戦はどんなことが起こったかというと滝川氏が敗走が色々あって
徳川の大軍勢と戦って追い返しちゃうっていう弱者が強者に勝っちゃう皆が大好きパターン。
これをあの徳川の敗走をコミカルに描いた三谷さんがどうするのか気になります。
第一次上田合戦で当主の昌幸の知略ぶりが発揮され、どのように徳川を敗走させるのか
いやー楽しみ楽しみ。

ちなみに、全然関係ないですが、アニメ映画のサマーウォーズ内で
このことが語られてますね。


ではでは