読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日、ぼちぼち

気をはらず、のんびりぼちぼちと何かを更新しています

追い越される

今週のお題「印象に残っている新人」

f:id:gon012:20150404103111j:plain
桜の季節だから新人ですかね。
いい季節ですね、ほんと。桜が綺麗です。
さて、社会人ではあるもののそんなに大きな規模の会社にいたことが
ない自分にとっての新人なんて数えるほどしかない。
というか、新人ていう言葉をよく見ると
なんか不思議なもので、新しい人と書くわけですね。
今は春なのでもちろん、新社会人とかそこら辺を指すんだろうと
思うわけですが、実際に新人をwikipediaで見ていると
ホモ・サピエンスのことも指すようです。
うん、印象に残っているホモ・サピエンスならいっぱいいるぞ!


うちの祖母や破天荒な爺さん。
糞真面目な知り合いや謎のきぐるみを着て家の前を歩いて行った謎の人。
いつもはあまり意識しないけど、思い出すとまぁ、奇人が多いことです。。。


閑話休題
数少ない新人で印象に残っているというのは
超できる新人がやはり印象に残っています。
プログラマーとして3年目の時に入ってきた子だったのだけど
なんというか、プログラム大好き!って感じの子で
入ってきた当初で既にプログラムをバリバリ作っちゃっていて
プログラムについて教えることが既になし。
ただ、反面社会常識というか、人間的にはちょっと問題があって
反抗的だったり、すぐ人を見下したり、怒りぽかったりとか
あったんですけどね。
それでも、仕事は早いので
「あー、やっぱ、世の中にはこんな子がいてどんどん追い越されるんだなー」
と痛感しておりました。
それからは年齢ってホント関係ないなと言う考えが身につきましたね。
(追い越されないようにあがけよという人もいるでしょうし、ごもっともですが
そんなに頑張りたくないので嫌です!w)
その後、その子と飲むことがあり、私のことを言ったことをちゃんとしてくれるいい先輩と
言って気に入られてました。そんな風に捉えられるとは嬉しいなと思ったのをよく覚えてます。
と書いてて思ったのですが、めちゃくちゃ下に見られてたんですねw
まぁ、そう思われながらも慕われるのは悪いもんじゃないです。
その新人だった子も今じゃ社会常識や我慢ができるようになって
更にバリバリして元気にしてるようで嬉しい限りです。


さて、今年の新人さんたちの中にも超できる人たちは
いっぱいいると思います。
先輩とか上司なんて気にせずにバシバシ仕事して
自信をつけて行ってほしいものですね。


なお、写真は去年取った、京都府八幡市背割れと言われる場所にある
桜の写真です。とっても綺麗なのでおすすめですよ!
青空と桜のコントラストはほんといいですよね。


ではでは